ラボの新着情報をお届け!メルマガ始めました!

[イベントレポート] 『クラフトもくもく木よう日』ができるまで♫

船本所長

ライフデザインラボではさまざまな経験・専門領域を持ったメンバーが、ラボらしく「実験」と称して思いと狙いを持って活動をしています。

多様な取り組みと企画者の思いをお伝えします。

 

『クラフトもくもく木よう日』ができるまで♫

ライフデザインラボには、『まちのミシン』という地域から寄贈されたミシンがあります。それを活用しようと発足したのが、ミシンチーム。

レトロな美人ミシン

どの子も元気に働いてくれています!

ミシンチームで、ミシンを使ったワークショップの開催、ラボのオリジナル商品(肩掛けバッグ、マスク、防災ハンカチなど)の企画&販売など、さまざまなチャレンジをしてきました。

色の組み合わせを自分で選べるラボバッグ

いつも仲間が集うのは木曜日

チームの打ち合わせやイベントは、当初からなぜか木曜日に開催することが多く、木曜日にラボに行くと誰かがもくもく、チクチク、ぺちゃくちゃ…。『3人よれば文殊の知恵』で、その場から新たな発想が生まれてくるのが木曜日。いつしか、それが木曜日の『ミシンデー』というイベントとして定着するようになりました。

毎回、新たなアイデアが生まれる

多彩なラボメンバー

しかし、ミシンだけでは収まらず、いろいろなことをしたいのがラボメンバーです。

毎年の暮れに開催される『寄付月間』には、寄贈していただいた毛糸を活用し、ラボに常備する“ひざ掛け”3枚を制作。ミシンチーム以外のメンバーも協力して、わいわいしながら、モチーフをひとつひとつ編み、それらを繋ぎ合わせて完成。

毎年リニューアルされるクリスマスオーナメントは手編み

モチーフの1つ1つが違うメンバーの作品

メンバーの力作!

他にも、子ども服のアップサイクルや着物リメイクをしたり、はたまたランニング部が派生したり、占いブームが起こったこともありました。

鍵編みで繕いしごと

絣の着物からリメイクしたスカート

編み物をする人、消しゴムはんこ職人、おもちゃの木製団地『コロロ』をつくる人、キットパスで手形足形アート・壁面アートをする人など、多彩なクラフトで、人と人とが繋がります。

2021年は原料に着手…!

2019年のラボの夏祭りでは、布を染めて手ぬぐいをつくり、消しゴムはんこで彩りを添えました。2021年は、布や染め物の原料となるワタや藍を育てながら、糸を紡いでいるメンバーもいます。

藍を育てています

ワタの花が咲いた!

糸紡ぎを伝授しています

紡いだ糸でつくったアクセサリー

雑談の中から、何かが生まれる。手を動かすことで、何かが生まれる。だから、クラフトをもくもくと。自分のクラフトをもくもくと。

当初は『ミシンデー』として始まったこの活動は、『クラフトもくもく木よう日』として2021年6月にリスタートしました。

イベントデータ

『クラフトもくもく木よう日』は、みんなで手作業をする日です。手をもくもくと動かす日。つまりは…おしゃべり付きの作業部屋。

作業の内容は各自におまかせ。自由です。

ソーイング、あみもの、クラフト、DIY、パソコン、執筆、読書etc.

予約は不要。フラッとお立ち寄りください。

お約束は一つだけ、感染予防対策はしっかりと!

 

開催日程

月2回程度

木曜日10:00~12:00(時々延長あり)

 

参加費

一般参加 1回500円(初回無料)

ライフデザインラボ研究員 無料

 

予約

不要(是非、ラボのクラフトteamの公式ラインアカウントにご登録ください)

 

持ち物

作業に応じたものを各自ご用意ください。

 

その他

・ラボの「まちのミシン」をご利用の方は、別途費用がかかります(1000円/2時間)

・電源/Wi-Fiあり。

・水分補給のためのお飲物はOKですが、飲食はご遠慮ください。

 

公式ラインアカウント

ラボのクラフトteamの公式ラインアカウントに、ご登録のうえ、メッセージをお送りください。

「ラボのクラフトteam」公式ラインアカウントはこちら

 

直近の開催情報

8月26日(木)10:00~12:00
Kosha33ライフデザインラボ1階